本文へスキップ

中学1年 - 改進ゼミの夏期講習2017

TEL. 0276-73-4167

〒374-0016 群馬県館林市松原1-7-1

CONCEPT

中学1年生の1学期が終わって・・・entrance

4月に中学1年生になり部活に入って慣れてきたと思ったらゴールデンウィーク。そのあとにすぐ中間テストがありました。小学とのテストの違いを知り、試験前に勉強が必要ということを感じたと思えばまた期末テスト。思うような結果が出なかった生徒もいると思います。何が原因かを知りたいけど良くわからないという方へ。
 ・数学は足し算がよくできていない
そんなことはないと思いたいので復習したがりません。実際見てみると間違いが何か所か出るはずです。100%できるように正しいやり方での繰り返し練習が必要です。

 ・英語はbe動詞と一般動詞の区別がついていない
英語のテストは学校のワークをやると結構点が取れてしまいます。その学習は漢字練習のようになっているはずです。英語の勉強も考えながらやる必要があるのです。beの働きは数学のイコールで語順は大切なものから並んでいるなどです。
考えることで今後の学習が楽になります。中2中3高校で急に点が取れなくなるということがなくなります。

中1の夏期講習の学習内容と講習費用 館林の塾と比較して下さい

中1Hardコース
70分×18コマ 20,000円(税込)

数学7英語7国語4 1コマ70分の個別授業

中1標準コース

70分×8コマ 9,000円(税込)
数学4英語4    1コマ70分の個別授業

英語の学習内容(中1)夏期講習では7分野に分けました。


@いろいろな単語・・・中間期末テストで英単語のスペルミスで点数を落とした生徒も数多くいるはずです。teacherとかbとdを間違ったり。ローマ字読みのままでないので書きにくいと思います。これを防ぐには母音と子音の関係を知ることが必要です。この並びではこう読む、この並びは発音しない。簡単なルールを知っておくと今後も楽になります。aとは何かも指導。

AI am とYou are・・・be動詞の働きと疑問文否定文の作り方を確認します。主語とbe動詞でつなげるのは名詞と形容詞。be動詞の疑問文の作り方は主語の前にもっていく。be動詞の否定文の作り方は後ろにnotを入れる。これを頭の中で考えながら手で作業していきます。

BThis is の文・・・よく聞く形ですがここでもbe動詞を意識して進みます。短縮形の作りも理解していかないとこの後で変な間違いをしてしまいます。You're playとか。疑問詞whatも復習。疑問詞付きの疑問文の作り方は後ろが疑問文になっています。

CHe is の文・・・ここでもbe動詞の働きを確認して今までのまとめをします。また代名詞を説明。疑問詞whoも学習。

D複数形・・・cupがいくつかでcups。大きく形が変わるchildren なども発音も練習します。this の複数これらtheseなど。

E一般動詞・・・be動詞を理解したら一般動詞に入ります。ここでは少し時間をかけて指導。それは疑問文や否定文の正しい作り方を理解していない生徒がほとんどだからです。鍵は一般動詞の前にはいつもdoが隠れているということです。疑問文はそれを前に持っていき、否定文はそのdoの後ろにnotをつける。この考えを知ってもらいます。そうすると疑問詞whatが来ても安心して使いこなせます。一般動詞についてくる前置詞も少しずつ(一気にやると英語が嫌いになってしまうので)指導。

F三人称単数 ・・・3人称単数は一般動詞にsをつける。3人称の理解は1人称と2人称を知ることも大切です。私が一番であなたが2番。I,weが1人称でyouが2人称。それ以外が3人称と覚えます。単数と複数は結構できます。theyは3人称複数なので一般動詞にsはつけません。これを理解してさっきの単元を覚えていれば疑問文否定文は簡単に作れます。

数学の学習内容(中1)

@正負の意味・・・中学生の数学の第一のポイントは足し算です。そしてその理解のカギは同符号と異符号の違いです。これができていないからつらい思いをしている生徒が多いのです。

A乗法と除法・・・掛け算割り算は意外とできますが、分数の割り算を特に練習。累乗でカッコがついているものの理解が弱いので得意でない生徒は鍛えていきます。

B四則混合と応用・・・+− より×÷を先に計算する、分配法則など計算のルールを覚えていきます。知らないと努力が実らない場合が出てきますので完璧に覚えるように練習します。

C文字式・・・計算のルールにアルファベットを使ったものです。理科にもつながる分野です。

D文字式の計算・・・方程式の基礎になります。その他代入も学習。

E文字式の利用・・・文章問題全体の基礎分野です。とても大切な単元が中1に入っています。小学生の復習も兼ねています。単位の一致・円の面積と円周、距離と速さなどです。

F1次方程式 ・・・中1の2学期数学のメインです。大切なので夏期講習でいち早く予習します。


日程「工夫しているから初めての生徒でも大丈夫!」

・下記のA〜Dの時間帯を7/208/27からコースのコマ数分を選択。

A 4:506:00

B 6:057:15

C 7:208:30

D 8:409:50

・個別無料相談で日程作成と学習内容をご相談します。



講習会

〒374-0016
群馬県館林市松原1-7-1

TEL 0276-73-4167

inserted by FC2 system